私は、ただ歩む。無力な整体師として、歩むなり😎無念。

人体図
17日 福岡、研修会
18日 長崎、研修会
20日 松山、研修会
21日 宇多津、研修会
23日 六本木、研修会

今回の研修会の目玉は、白血病の治し方

ヒントになったのは、
アメリカ大使館に勤める人がよくなることだった。
そう、無理な歯列矯正

歯列矯正は、むしろ、噛み(神)合わせを壊すんだね😎

‪整体法の大家、野口晴哉先生が亡くなったのは1970年代。

しかし、
噛み合わせ(咬合学、顎関節症)がようやく、まともに出てきたのは1990年代。

人類が硬いものを食べなくなって、問題は先鋭化されて出てきた。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/顎関節症

野口先生も、既に、この問題は知っていたが
歯科医療でむしろ体が壊れるので、
歯医者に気をつけろ、と‬言うのが精一杯だった。
(整体も進化しなければ、世界のSEITAIにはなれないよ😎
病の方が、進化しているよ😎

野口整体の最後の課題が、咬合不良をどうするか?
であった。‬

硬いものを噛まない現代人は、
これから、白血病の死者はどんどん、増えていく。

かつて、脚気も病原菌が原因と思って、
たくさん死に、ようやく、ビタミンB が原因とわかった。

まさか、白血病が咬合から始まるとは、
誰も思っていないので、多くの人が亡くなるよ😎

事実は、小説よりも奇なり!

25年前、一人の歯科医に会った。
西村歯科医だ。

自らも重度の顎関節症に患い、
己の歯を20代で全て抜いた後、
数千の入れ歯を作って人体実験した男だ。

医学的な真実は政治力によって、歪められる。

儂は、ソラニに、
既に、現代人に溜まり出した病巣を一人一人、地味に、取っていこう😎

‪つまらぬ論争に巻き込まれるつもりは無い。‬

信じない者は、骨髄移植を受ければいい。

法外な高いお金を払って、命を縮めればいい。

医学的な真実と、多数決は、まるで、両立しない。

病は、天地のものである。

多数決で、治るものではない。

事実は、生死をもって、判定されるだけである😎

私はただ、歩む!

三枝合気 @ 小樽道場 日にち 曜日 備考 毎週 日 会場:  龍宮神社(小樽道場)      () 住所:  〒047-0032      北海道小樽市・・・・・