祝詞は神様に贈るラブレター

‪まず、祝詞(ノリト)というものは、‬
‪神道の場合、神様に贈るラブレター‬
‪なわけで、定式がなく、各人の想い‬
‪の丈を述べればそれでいいのです😎‬

‪天津祝詞は1831年、平田篤胤(アツタネ)‬
‪が書いたもので比較的、若い祝詞です😎‬

‪意味は高天原に座すイザナミ(波)、‬
‪イザナギ(粒)の中のイザナギに‬
‪宛てたラブレターであり、具体的な‬
‪目に見える変化を下さいと訴えた祝詞です😎‬

‪神道には通常の善悪、常識非常識の区別は‬
‪なく、気枯れ(ケガレ)ているか気枯れて‬
‪いないかだけが問われます!😎‬

‪この祝詞も「気枯れを払ってくださり、‬
‪元の気、元気に戻してください」と、‬

‪高天原に直訴している祝詞です😎!‬

‪*平田篤胤の教えが水戸学を生み、‬
‪尊王攘夷、日本独立の気概など、‬
‪明治維新を推進させる大きな業績‬
‪を遺しました😎‬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + nine =