クニという細胞

国境というのは、クニという生命体を守る細胞膜なわけで、
これをないがしろにすると異物が入って、細胞が死ぬわけ
です。カタカムナではクニとは、安全安心なところという
意味です。そのため、かつては御クニ自慢と言って、地元
を愛する言葉がありました。さて、核とは神話です。欧米
は聖書です。日本は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − 2 =