カタカムナにつながる正統王朝

‪最も著名な祝詞が天津祝詞であるが、‬
‪これは1831年天才国学者、平田篤胤が‬
‪遺したものだが彼はこの祝詞の途中に暗示を遺した。‬

‪「筑紫(つくし)の日向(ひむか)の橘(たちばな)の」‬
‪これは大分県にあった日向族ウガヤ朝‬
‪(ウガヤ朝では第73代が神武天皇)の聖地の暗示。


https://www.youtube.com/watch?v=P21Hjlouzjk&feature=youtu.be

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + 20 =