いじめ合う羊たちの国

現代の日本の学校は悪魔活動の拠点に過ぎませんが、‬
フランス革命という偽革命の「自由・平等・博愛」を‬
‪教え込まされ、子供は生涯を苦しんで生きることになる😎‬!

‪かつて、安部譲二が『堀の中の懲りない面々』(1986)‬という
‪獄中物語で、ヤクザが体験談で、作家デビューしたけど、‬

‪この世である限り「堀の外も囚人」であることに違いはありません😎!

看守は普段は見えませんが、堀の外に住んでいるだけで、
固定資産税や住民税を無慈悲に取りに参ります。

獄中と、実は何も変わらないのです。

ですから、我々、囚人はその中で助け合って生きていく必要が
あるんです。最近は、ステイ!ホーム!独房に入って出てくるな!

と、命令形で言われますが、悪魔の学校で“上等言語”のように、
英語を習ったので、英語で言われると人々は、命令された気に
ならず、シェパードに追われた羊のように従います😎!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です