「先生の座右の銘は何ですか?」と、お便り来た!

儂の若年時代は70年安保の嵐が吹きまくった😎

マルクス主義を旗印にする全共闘の学生達で
あったが、集会の前に見るのは資本論でなく、

皆、高倉健の任侠映画だった!それを見てから、
機動隊に突っこんで行ったものである😎

儂が28歳の時に見たこの映画の言葉が、
座右の銘かもしれない😎

*今、見ても夏目雅子の生涯と重なり、
涙がほとばしり、止まらない。

「日本人!舐めたら、いかんぜよ!大国さん!」

https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=q8dvCHHSXDI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です