世界はいつも病んでいる

大東亜戦争当時、日本は病んでいた
と思う人がいる。いや、今も同じだ。

いや、今の方が数千倍、病んでいる
俺にはそう見える。

病んだ世界の中で、正常であることは
美徳ではない。

かつて、日本に、阿久悠(悪友)という
作詞家がいた。

彼もまた、時代の狂気を知っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + 9 =