カタカムナ考⑤

1、2、3、4、5、6、7でピークにあり、
8で満になり9で苦しくなり、
10でとうとう消滅する。
それを繰り返すが巡るでなく、めくる!
螺旋になり同じ事象には戻らない。

また、習い事であり、面会であり、
初対面は、カタチ先!

型であり、挨拶や、粗品であったり。

だが、形は裂ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × two =