*小さい島ほど、大きい

カタカムナ考⑩

読んで字の如く、

アメツチネ・ハシマリ
天地開闢の歌である。

瞬間、造化三神が現れて
世界を創り出す。

オノコロ・シマ

シマとは「生死の間」

日本の遠島は、

天皇・僧侶・政治家が熟考し、
ひと回り大きくなって、
帰ってくる更生制度。

日本語では小さい島ほど、大きい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + 15 =