可能性の数学

人の一生は授乳期、幼少期で、
ほとんどが決まる。

その現実を知った上で、
後天性の可能性を踏まえて、

イヤシロは生まれた。

だから、毎夜、毎朝の
刺激がありがたい。

あるいは電気の光をも通して、
不完全な過去を修復する。

可能性を信じない者に
イヤシロは不要である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + twenty =