現実の重み

差別撤廃を叫んで飯のタネにする人あり。

同じ人、無差別爆撃はいけない、という。

病院、学校等は落としてはいけないという。

免疫力とは差別力なり。差別しなければ、
生命は死ぬなり。

無益、無意味な差別もまた、死をもたらす。

いつも現実に返る必要あり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + five =