思えば、あっという間の75年!

1945年8/6(月)当時の米国民主党大統領は、
日本人ホロコーストの為、朝礼時、学童が
校庭に並ぶ午前8時15分に広島市内の真ん中に
しかも殺傷効果を増す為、上空で爆発するよう
設計し原爆を投下することを命じ、実施した。
今は米国民主党は人権擁護の党と自称している。

さて、その悪夢から75年😎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × one =