皇室の大問題について①

1945年マッカーサーは僅かばかりの進駐軍で日本に入りましたが、皇軍が彼らを守ったので、事なきを得ました。決して、上陸軍では無いのです。沖縄戦で大半の上陸船が特攻で破壊された為、原爆投下の愚を犯してまで日本に降伏を求め、皇室は皇統護持を条件にそれに応じました。

皇室問題②

マッカーサーは皇統護持を約しましたが、皇室典範を改正し天皇になれる血脈を極端に減らし、男系が消え人材が無くなり、皇室が無くなることを画しました。今回、ホスト顔の男との結婚が大問題になっていますが、昔の皇室典範であれば、秋篠宮家などとうに廃絶になってしかるべき血脈です。

皇室問題③

儂はホスト顔の婚約者を見た瞬間、皇統はマッカーサーが75年前に仕掛けた事が、今回、華を咲かせ、今生天皇126代で終わるのを理解し、急ぎイヤシロ・シリーズを令和甦れ『三種の神器』の作成に昇華し、皇室典範が変わり、将来、新天皇が生まれるまで、大イヤシロが日本をお守りしたいと存じます😎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − 5 =