合気道の軸、立ち方、座り方

合気道の軸は、足の裏(正確には足の親指)を直角に
交差した上に成り立つ。

それは正座した時も同じである。

そして、体軸の元は仙骨である。

ただし、物理的に立っているのではない。

わ地面との接点から地の気を受けて、立っているのである。
言わば、温泉現象である🤗!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − 6 =