戦争に負けて、便器を変えた民族

イラクは大型兵器を持っているという因縁をつけてきた
(実際には無かったと後に米国大統領は軽く謝罪)米軍
との敗戦後の現在は国が乱れ大変だが、昔、同様の家庭
料理を頂いている。

敗戦後、日本は横文字大好き民族に変わり、ハズバンドは
家の柱、ワイフはモップ・掃除用具から来ているにも関わらず、

妻をワイフと呼び、呼ばれ、悦にいる敗戦根性丸出し国民。

嫁(ヨメ)は、良い女(メ)から来ている🤗

カミさんは、江戸の給料は米だったので、直接、
家に運ばれ、管理するのが奥さんで、そこから
亭主は金をもらって遊びに行くので当然、妻は

カミさん(神様)となった。妻が、次は長男の
嫁が一族の金庫番であった🤗

コリアンは家に来た嫁には財産を継がせない男尊女卑が
極端に強い民族なので「夫婦別姓」となり嫁ぎ先の名を

名乗らせてもらえない悪習を、今、国会では日本に導入
しようとしている。日本は米韓にいたぶられ喜んでいる
Mの敗戦国家である。

縄文時代!釣り針は魚の骨、釣り糸は丈夫な日本の女性の
黒髪が使われた(忍者の縄も上等なものは女性の髪の毛で
あった)。日本の女性の髪の毛は、海藻を食べているので、
世界一、強く丈夫で、美しい髪の毛であった🤗

今は、茶髪に染め、髪の毛を痛めても、勝利国に近づいて、
喜んでおり、ついでに、男も染めている始末である🤗

特攻隊があの世から来たら、違う国の民族だと思い、
決して、同じ民族の人とは思う事もできないであろう。
残念ながら、命、若さを返してあげられないのが残念だ。

ここまで酷くしたのは、すべて学校教育である。TVである。

洗脳された精神病院で、まともな事を言えば、狂人とされる。

気をつけながらも、この精神病院国家で、地下活動を続けていこう😎

(このブログは、天龍寺マコト先生のFacebook投稿から記事を転載してアップしています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 − seven =