見捨てられた日本

共産党までが〇〇〇〇推進派である。
敗戦後、日本の塩は当時、体に悪い電気分解の
専売塩のみ20年以上、国民の食卓に並べるほど
現在日本の政治は民のことなど考えない。
大山倍達は日本兵に憧れ、石原莞爾に会い、
さらに親日になり極真を立ち上げたが
戦後の日本の政治と国民に失望し韓国に帰った。

(このブログは、天龍寺マコト先生のFacebook投稿から記事を転載してアップしています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + 3 =