不愉快指数、敗戦指数

無愉快指数とは面白い言葉に思うかもしれないが、安濃豊博士が敗戦指数という言葉を使い、大東亜戦争を太平洋戦争と本質の隠蔽を命じた米国であったが、実際は植民地フィリピンを失い、英国など大英帝国の植民地インドを始め全国土の95%を失い、指数では大敗戦国である、と言った言葉が参照になった😎

(このブログは、天龍寺マコト先生のFacebook投稿から記事を転載してアップしています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one × five =