原爆の投下、敗戦、そして、今日も続く洗脳

アメリカは1945年8/6、有色人種とはいえ、

人類の真上に、よりによって朝礼時刻に、原爆を投下した

(これ以上の人類に対する罪はあるであろうか?😎

大東亜の白人による人種差別撤廃のために

日本人総動員で起こされた戦争であったが、

*以下、昭和16年12月8日の戦争開始の日の各社新聞の夕刊に発表!

ただし、GHQによって現在もその文章は封殺されている。

https://sapporogakuha.com/l-v-c-t/帝国政府声明文/

事実、戦中、そして戦後は大量残留日本兵によるゲリラ戦により

雨後の筍ようにアジアが米英白人国からの独立を果たしたが、

肝腎の日本国は戦犯の汚泥にまみれ、今日もその子孫たちが

世界唯一の戦犯の子として隣国にまで辱めを受けているばかりか、

国内にはびこる反日ネットワークの中、洗脳を受け今日に至っている。

(このブログは、天龍寺マコト先生のFacebook投稿から記事を転載してアップしています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 3 =