秘カタカムナ

カタカムナ第1首

天孫族に追われ、明日をも分からぬ身なれど、

ここに私、アシア・トウアンが謹んで、

カタカムナのウタヒを遺す。

そのウタヒの本質は、マノスベシ。

間の統べし である。

時間空間の、間を統べすカタカムナの文明を

ここに遺す。

(このブログは、天龍寺マコト先生のFacebook投稿から記事を転載してアップしています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − ten =