五禽の術

中国拳法では大脳優位でなく、本能、間脳中心の
戦闘ができるように五禽の術と言って、

動物の動きを真似て大脳思考を止める止観の技術
が導入されており、これは難病患者の免疫力を
高めるのに、大変にいい治療法と言える🤗

「安三」(ヤンツー)は、まさに、

鶴が羽を広げ、熊が抑え、虎が襲い、猿が回転し、
鹿が身構える🤗

(このブログは、天龍寺マコト先生のFacebook投稿から記事を転載してアップしています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × three =