加藤清正とカタカムナ

東京都港区白金には、清正公前という
交差点がございます🤗!

多くの人が何も考えずに通り過ぎますが、
かつて、加藤清正が朝鮮出兵に行った際、

余りに朝鮮の王子が貧しく教育の機会も
ないのを不憫に思い、連れて帰り、育て、
王子が後に僧になり清正を慕って祀った
寺が近くにあるので、交差点の名は、
そう呼ばれているのでございます🤗!

https://edokara.tokyo/conts/2017/02/04/608

ところで、加藤清正は朝鮮で一度、絶体絶命の
ピンチに立ちますが、刀に刻ませた、サムハラ
の四文字で九死に一生を得てから、さらに
サムハラ信仰は広まったといわれています🤗

サムハラが、日本にど〜んと居らして下さり、

本当に助かります🤗!!!

(このブログは、天龍寺マコト先生のFacebook投稿から記事を転載してアップしています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − eleven =