40年以上前を振り返る!

七号食断食についての質問にお答えします。

かつて、40年以上前、24歳で長男が生まれ、

妻がアルバイトをして育て、自分は週に一度、
自宅のアパートに戻り、1週間分の炒り玄米を

*この方法は米軍と戦うベトコンが桜沢如一の
食事原則を使い、炒り玄米でゲリラ戦を戦い、
食事時間を設けない軍事作戦として採用された
方法でもありました😎

茶筒に入れて合気道養神館の内弟子に戻ると
いう生活を一年間しました🤗!

給料の4万円は全額、妻に渡しました。体重は
24キロ減りました。しかし、死にませんでした。

マクロの桜沢先生は玄米だけで生きられるという
言葉に縋りました。まったく、お金が無く、かつ、
夢だけがあったからです🤗!

今、その時に近い状況ですが、死ぬ時は、自分の
理論と夢が間違っていただけです。

少し、自信あります!ほとんど、水と胡麻塩だけ
ですが、冴えてます!🤗

多分、大丈夫と思います!

日本弥栄!カタカムナ科学とっても弥栄!🤗

(このブログは、天龍寺マコト先生のFacebook投稿から記事を転載してアップしています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 5 =