脚下照顧😎!

短躯で軽量の塩田館長であったが、
館長が歩いた後の玉砂利だけが深い
穴が空いたという。まさに、ひふみ
終点の、フとヒの連動が強化された
姿勢で常住座臥、過ごし歩いていた
ことがわかる。そして、それが大事
な合気道の土台であるばかりか健康
の生命力の大ポイントであった!😎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + fifteen =