今日は秘伝を言います😎

この野口晴哉先生の雰囲気を観て、

病んでいると思いませんか?

そうなんです。野口先生はいつも、
多少、病んでいました🤗

一線級の整体師は少し病んでいる必要があります。
完全なる健康体では患者の病気と同調できず、
情報を読み切れないので難病を治すことは難しいです。

時代もいつも病んでいますが、それともある程度、
同調しておく必要があります。

なぜなら、病気は個人的に見えて、実は、社会と
呼応して病むことが少なからず、あるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です