有り難い

儂は13歳で筋無力症になり、現代西洋医学に捨てられた後、
野口晴哉の存在を知ってからブレたことがない。
唯一、享年65の野口晴哉の前年、64の時、65過ぎの自分が
見えず動揺し膵臓ガンを患った
自己治癒の過程で整体師から離れ、物販のお仕事を
させて貰っている間にようやく次の自分が見えてきた😎!

(このブログは、天龍寺マコト先生のFacebook投稿から記事を転載してアップしています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × one =