儂の見解😎

もちろん、楢崎、宇野時代は、
カタカムナ文字が知的生命体
から日本人に贈られた資産で
あるという考え方はなかった
が、それでも、楢崎先生は、
この文字は記録のために書き
残すという従来の文字とは
違うとおっしゃっていた。

余りに知的!

段々と、教育の不手際で
日本人が劣化したと診ている。

(このブログは、天龍寺マコト先生のFacebook投稿から記事を転載してアップしています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six − 3 =