20日間の断食など、93日に比べれば・・🤗

イトオテルミーの発見・発明者、伊藤金逸医師は
実は霊能者でもあった。あの不思議な容器は密教
の独狐(とっこ)から編み出されたものだが、

あの形にするのに氏は93日間の断食をしている。

それに比べれば儂の20日間は甘い!

飢餓には悲しみが付き纏うが、断食には怒りが
付き纏う。そこが味噌!

(このブログは、天龍寺マコト先生のFacebook投稿から記事を転載してアップしています。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 + four =