性の栄養と“場”の力

女性は環境から電気が入り、常に満たされていない男性に分け与える前駆流的構造を持つが、 そんな女性も場の力によって、育てられ方、扱われ方で、アマナ総量はあまりに違ってしまいます。 “場”の力は誠に恐ろしいものがあります。 ...

性とは

ケガラワシイモノ、うとむべき、秘むべきこと、 しかし、それなしには人間は、生きてゆかれぬ業の深いもの といふやうな共通観念を強く持たせられるという大矛盾の中、我々は生きてきた。 私はそれをカタカムナを説くことによって、改...

観音の思想①前駆流

〜アマウツシは最高の救いの道〜 宇野は上空を送電線で電気が通されるが、並行して空中架線一本ごとのアースされた電流は総合的に送電線と並行して回路が通じ、これが表の送電線の流れを良好にし、本電流をむしろ誘導している見えない線...

続・性の栄養!🤗

人間もまた天地より氣を受けねばならないが、それは女性を通じて、男性に入っていくものなので、男性は女性を触れたがるものなんだという、ユニークな考えです。これはスケベ心ではなく、天然の理なのだという。 環境(自然)ー>女性ー...

布教の決心

1949年にカタカムナ文献を発見し15年以上をかけて解読した楢崎皐月は、1974年7/31に亡くなられた。当時20歳だった儂だが、今もその時のショックは忘れない。 その当時は文献の全ては公表されていなかったが先生の死後5...